S女様はペニバンでM男のアナルをガン掘り!肛門性交でメスイキする

複数の男性が一人の女性を集団レイプする卑劣な犯罪が後を絶ちません。2003年、早稲田大学のイベントサークル「スーパーフリー」のメンバーが女子大生らを輪姦していてことが発覚し、早稲田や東大、慶応などの有名大学学生の悪行が断罪されることになりました。学歴を振りかざして女性をレイプする外道は全員ひっとらえて打ち首獄門にすべきだと思いますが、政治家の中にも加害者を擁護するゴミクズがいて、本当に日本の腐れっぷりには目を覆わんばかりでございます。

一方で、自らS女様にアナルを捧げるM男もいて、こちらはお互いの同意のもとで行われる“健全な虐待”でございます。『男のアナルを執拗に狙う女達が集まるサークル』では、ペニバン美女たちが集団でM男をアナルファックする光景が見られて、アナル処女の私もお尻の穴がムズムズいたしました。

4人のS女様がレザーのキャットスーツに身を包み、1人のM男の肛門をいじり回すシーンが特に私好みでございました。レザーという素材だけでも豚の私は興奮しますが、その上黒いペニバンを装着されたS女様にお尻をガンガン掘られて…。一方、ペニスの方はS女様の手でシコシコ…。これでメスイキできないのでしたら、M男失格でございます。

私が同じシチュエーションを体験したとしたら、申し訳ないと思いつつも、美しいレザーにザーメンを放ってしまいそうです。

これ以外の3話に関しましては、ペニバンよりも、他の肛門弄りがメインでございます。女医とナースが患者の肛門にディルドやアナルビーズを挿入するのは、実際にありそうな展開です。治療の一環としてペニバンを挿入されるのも有りだと思いました。

アナル処女を卒業するきっかけを求める私にとっては、『男のアナルを執拗に狙う女達が集まるサークル』は神様からのご褒美のような作品でございました。

▼下の画像をクリックすると動画の詳細を見られます▼

▼女王様との出会いを求めるM男のためのSMコミュニティサービス「M’s」▼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする