ハーフ美少女の金蹴り、尻叩き、ペニバン!M男の体が痣だらけになる

『ハーフ美少女高城アミナが男達をボコボコにした日』に登場する高城アミナ様は、タイトルの通り、そのお美しさが輝いております。私のような醜い豚にとっては高嶺の花でして、到底近づいてはいけないお方でございます。

それにもかかわらず、アミナ様はM男のために頑張ってくださいます。ありがたいことこの上ない作品でございます。

デートでの待ち合わせシーンから始まる動画では、アミナ様が既に不機嫌です。舌打ちしながら「舐めてんのかよ?遅えんだよ、おい?」と、M男を言葉でいじめる気満々のようです。「何人間より後に来てんだよ?豚のくせに」とおっしゃって、M男がプレゼントした花を地面に投げつけて、グリグリと踏みにじられるSっぷりが最高でございます。

いよいよ調教シーンでは、アミナ様は何人かのM男たちに金蹴りしていきます。やや怯え気味のM男にはビンタや腹パンもお見舞いして、「これで悦ぶなんてゴミだな~」と罵ります。見た目がJKのようなのに、調教の数々は本格的な女王様のそれでございます。複数のM男相手でも動じない威圧感がたまりません。

黒いエナメル衣装を着用したアミナ様がまたお美しい。さまざまな虐待が見られますが、竹刀を使ったスパンキングは過激です。M男の尻を竹刀でぶっ叩いた後、「打てたー!ホームラン!」と嬉しそうに歓声を上げるアミナ様。一方、M男は痛みに耐えていますが、アミナ様はその股間に竹刀を突っ込んでグリグリ…。そして、もう一発、「ホームラン!」。肉を打ち据える音が鳴り響きました。

最後は、ローブをまとったアミナ様がM男の肛門をガン掘りいたします。おもちゃをアナルに挿入されてグリグリされたM男は、「ああっ!」とうめき声を漏らしながら悶えますが、アミナ様は「お尻をこっちに持ってこないで!私が汚れる!」と拒絶なさいます。こうしたやり取りの中でM男に「気持ちいい」と言わせる残酷さも見どころでございます。そして、ペニバンを使ったアナルファックでM男は女のようによがりまくるのでした。

お美しいアミナ様のお口からは、汚いお言葉がよどみなく溢れます。M男を人間扱いせずに容赦なくいたぶる調教の過酷さと相まって、私のような豚野郎には最高の刺激となりました。アミナ様、本当にありがとうございました。

▼下の画像をクリックすると動画の詳細を見られます▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました