水川スミレ女王様のM男調教!ペニバンで豚野郎のアナルを犯しまくる

『美獣女主人スミレ M男家畜奴隷契約 水川スミレ』の主人公、スミレ女王様は郊外の屋敷に住む資産家でございます。そんなスミレ女王様のもとに、お金に困ったキモ豚野郎がやってきて土下座するんですよ。「そんなゴミクズ放っておけばいいのに」と思いますが、スミレ女王様はお優しいので、「あなたにきっとぴったりなことがあるわよ」とアドバイスなさいます。

「捨てられた子犬みたいね。飼い主を探しているみたい」

スミレ女王様は独り言をつぶやきながら、「私のことを満足させられるんなら考えてあげてもいいのよ」とおっしゃいます。キモ豚野郎は服を脱がされ、お尻をむき出しにされ、スミレ女王様のペニバンを顔に押し当てられ…。自分の立場が分かっていない豚は状況が飲み込めず、「何でも言うこと聞くんだよね?」と言われて「は、はい…」と答えますが、次にはペニバンをしゃぶらされてしまいました。豚野郎のペニバンしゃぶりは見苦しいですが、羨ましいシチュエーションであるのは確かでございます。

「この家に代々伝わる由緒正しいペットになるんだよ!」

スミレ女王様は本格的な衣装を身につけなさい、パンツ一丁の豚野郎を四つん這いで散歩させます。「出来が悪いなぁ…」と文句を言われても、何をしていいのかわからない豚野郎は手際が悪く、スミレ女王様にお手間を取らせるゴミっぷり。パンスト足を舐めさせられ、ベチョベチョと汚い音を立てて一生懸命きれいにしようとするも、スミレ女王様には「変態白豚野郎」と罵られるばかりで…。嗚呼、羨ましい!

唾液責めや顔面騎乗、アナル開拓など、豚野郎はM奴隷として調教されていきます。ソファーの上でスミレ女王様のペニバンで肛門をガンガン突かれ、「いっぱいズボズボしてあげる」「犯されてるわよ」「情けない声出して」などと言葉責めまでされて、男のくせに肛門性交で満たされるという、変態にもほどがあります。「見た目はオス豚、心は女の子」の豚野郎を愛おしそうにアナルファックするスミレ女王様のお美しさが秀逸でございます。

終盤では、スミレ女王様は下男を呼び出して、「どうしようもない出来損ないよ、この子」と愚痴りなさいます。下男に服を脱がせる間ずっと、スミレ女王様は豚野郎に顔面騎乗したまま。スミレ女王様の大切な部分で顔面を覆われ、窒息寸前でございます。その後、2人の男のペニスをしゃぶり、セックスまでなさるスミレ女王様ですが、そこまでしないでほしかったというのが私の本音でございます。

全体的に責めは緩く、最後にセックスで締めるのが微妙でございますが、こういう淫乱で男好きな女王様もいらっしゃると思うので、これはこれで好きなM男にはたまらないのでしょうね、きっと。

▼下の画像をクリックすると動画の詳細を見られます▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました