メイド女王様がセクハラ野郎を調教!M男が“雄犬”として躾けられる

出張メイドカフェから派遣されてきた亜衣様は、そのあどけないお姿とは対照的な性格をなさっています。『あどけないメイドにお仕置きされるセクハラ男』で、そんな亜衣様の強烈な虐待行為を鑑賞しましょう。

メイド服を着用なさった亜衣様は「お帰りなさいませ、ご主人様」と、メイドカフェならお決まりのセリフをおっしゃいます。亜衣様が大人しそうな雰囲気なのをいいことに、おっさんはセクハラを始めます。「彼氏いないなら今度デートしようよ」と言って、ドン引きする亜衣様の腕をつかむといった、男の風上にも置けないクズっぷりを遺憾なく発揮するんですね。そんなセクハラ野郎に亜衣様は仕返しするべく、男の股間に紅茶をこぼし…。ここからがいよいよ本番です。

男の服を脱がせた後、本性を現したあどけない亜衣様に男も抗えず、首輪をつけられてまるで家畜のような扱いでございます。思いっきりビンタを食らわせた後、毅然とした態度で宣告なさいました。

「勝手に写真を撮影する、プライベートを聞く、店外を要求する、体に触れる、あなたはお店の規約に違反しました。よって、今から罰を受けていただきます」

亜衣様の淡々としつつも芯の通ったお言葉だけでも、私は無様に勃起してしまいました。セクハラ男は規約違反のくせに、これから“ご褒美”をいただけるわけですから、世の中理不尽だと思います。それはさておき、亜衣様は「今から私がご主人様なのよ。わかった?」と立場逆転を通告し、ポカンとしている男にビンタを食らわせて、きちんと自分が上であることをお示しになります。

亜衣様の躾は大変お厳しいものです。男は尻が真っ赤になるまで鞭打たれます。「アアッ、アアッ…」と苦しそうな声を出してもお構いなしに、亜衣様はベチベチ殴打を続けなさいます。「お尻が真っ赤になってきた~。よかったね~」と楽しそうでございます。

お散歩のときも、男の人間としての尊厳をきちんと粉砕なさいます。オス犬が間違って人間の言葉を使うと、「『はい』じゃないでしょ?」とおっしゃって、大きな声で「ワン!」と鳴くまでやり直しをさせます。犬の調教はこのくらい徹底していないと飼い主の方が舐められますから、亜衣様は本当によくわかっていらっしゃいます。首輪にチェーンをつけて、オス犬はきちんと四つん這いで歩かせます。股下をくぐらせるといった芸をさせつつ、ちょっとでも無礼を働く場合は容赦なくお尻ぺんぺんでございます。

亜衣様は男にスプーンを咥えさせ、その上にボールを置いた上で、腋の下や乳首を筆でコチョコチョするおちゃめなプレイもなさいます。落とせば当然ビンタなどできつくお仕置きでございます。ヒールに突き刺したトマトを仰向けに寝た男の口に押し付け、「私が『いい』って言うまで舐めなさい」と舐めさせ、その後粉砕したトマトでネチョネチョになった生足を舐めさせ、エサも与えなさいます。美味しそうに一生懸命足指に舌を這わせるおっさんが幸せそうでございます。

亜衣様がメイド服から女王様スタイルに衣装替えした後は、さらに調教が激しくなります。おっさんの顔にパンティーを被せて変態仮面のようにし、「私の臭いを嗅ぎながらオナニーしなさい。射精するときは私の許可を得てからにするのよ、わかった?」と命令なさいますが、セクハラするくらいのゴミ男ですからご命令を守れるわけがありません。勝手に射精してしまって罰を受けるのはお決まりの流れでございます。馬上鞭で全身をビシビシ叩かれて、全身が赤くなっていきます。

ペニバン、蝋燭、顔面騎乗、顔面踏みつけ、クンニと、あらゆる責めを見られるのも、亜衣様の幅広い経験に裏打ちされてのものでございましょう。一見すると可愛らくて大人しい女性がここまで豹変するというギャップにも感動の連続でございました。超絶おすすめの作品です。

▼下の画像をクリックすると動画の詳細を見られます▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました