足舐めに興奮する変態ドM男!ヒールサンダルを舌できれいにしなさい

いつも「女性の足を舐めたい」と考えているド変態のクソ豚である私は、『酒と足舐めと鞭が大好きなむちむちドS変態ホステス』というタイトルに心惹かれました。「足舐め」という言葉だけでアソコがいきり立ってしまうのですから、本当にどうしようもないM男でございます。

今回はムチムチなホステス様がビールを飲みながらM男をいじめます。「女性の足とか見てたら興奮してくる」と悩みを打ち明けるM男に対して、ホステス様は最初のうちは和やかに話しています。しかし、アルコールが回ってきたのか、「(Sっぽいことを)やってみたいな~」と言い始めました。そして、長い間吐いて汚れているサンダルを「舐めて」とM男の要求します。M男は「恥ずかしいな」と言いながらも、美味しそうにサンダルをペロペロします。まるで飼い主の持ち物を舐める犬のようでございます。

ホステス様は「誰が指まで舐めていいって言ったんですか?」と言って、M男に舐め直しを要求します。そして、ビールを空にして次のビールを要求し、ビールをぐいぐい飲みながらサンダル舐めをさせます。しかし、M男が足に触るのはNG。触ったらお仕置きとのことですが、舌を上手に使えないM男は何度も舐め直しをさせられます。「変態」とバカにされながらも、体勢を変えて、ハアハア言いながらサンダルを舐め尽くす変態オス犬の姿が見苦しい一方で、羨ましさもあります。

ヒールを口に含んでチュパチュパ吸うM男は、さながらオッパイを飲む乳飲み子でございます。ホステス様に「私の奴隷になりたいんだっけ?」と聞かれ、それに「ハイ」と答えると、服を脱ぐように命じられました。パンツ一丁になったM男は正座させられ、奴隷の証として膝にヒールでグイグイと痕を付けられます。さらに膝の上にホステス様に立たれて、「痛いのが気持ちいいんでしょ?」と言われて、それに対して「ありがとうございます」とお礼を口にします。痛みに耐えることが快感に変わるド変態でございます。

M男はうつ伏せに寝かされ、その上をホステス様が踏み踏みします。苦痛に表情を歪めながら「アアー」とうめき声を漏らし、我慢できないのかと思いきや、「もっと踏んでください」とおねだりするマゾっぷりが遺憾なく発揮されています。ホステス様の責めはエスカレートしていき、今度は全体重をかけてM男の体に乗ります。それに興奮したM男は「もう一回お願いします」とおねだりしますが、ホステス様は「誰に注文してんのよ?」と文句を言いつつも、サービス精神旺盛でまた背中に乗ってあげます。全体重がサンダルから伝わってくるのがよほど気持ちいいのか、M男はハアハア興奮しています。「すごくよかったです」とのことです。

途中からM男は首輪をはめられ、リードで引っ張られながら、バラ鞭でぶっ叩かれながら、サンダル舐めをさせられます。舐め方が下手だと鞭でビシッ!ホステス様は「ちゃんと咥えて、奥まで」と言いながら鞭を振るいます。M男の体を打擲するバシッという音が鳴り響きます。

その後、サンダルを脱いだホステス様は生足を舐めさせ、マッサージをさせます。M男はハアハアしながら足指を丁寧に舐めて、「ドMはうまいね~」とお褒めの言葉をいただいています。M男が「美味しいです」と言いながら、大好きな生足をしゃぶっています。舐めながら鞭打たれ、それでも「もっと」と求めるドMっぷりは、ホステス様が言うように「気持ち悪い」です。M男の姿なんて、傍から見ればこんなものなのでしょう。醜いですが、私も同じような目に逢ってみたいです。

全体的に足への拘りが散りばめられていて、足フェチな私にはたまらないシーンの数々でございました。ブーツを使った作品が多い中、ヒールサンダルプレイをたくさん見られるという点でも高評価です。

▼下の画像をクリックすると動画の詳細を見られます▼

タイトルとURLをコピーしました