高杉麻里様がダメ彼氏を地下室に監禁!殴る蹴るの調教でM男に育てる

SMクラブの女王様であるママと2人で暮らしているJKの高杉麻里様はある日、キッチンの戸棚から鍵を見つけます。そのカギを使って禁断の地下室に降りて行くと――。ドラマ仕立てのSM作品が『完全M男化地下室生活 ~内に秘めたドS心が遂に開花する…~ 高杉麻里』でございます。

地下室には、マスクをつけられた一人のM男がいました。高杉麻里様はそれを初めて見て興奮し、思いっきり殴る蹴るの暴行を加えてしまいます。しかし、そんな暴力にM男は勃起しています。「なんで?」「叩かれるのがいいの?」と疑問に思う高杉麻里様ですが、興味を抱き、M男を引っぱたいたり、パンツの上からチンチンにデコピンをしたりと、笑顔になって「何か、悪い人じゃなさそうだね」と打ち解けてしまいました。

高杉麻里様のSっぽい行動はエスカレートして、M男に足舐めをさせます。ソックス足の臭いを嗅ぐM男を見て「おじさん、やっぱりおもしろいね」「変態だね」と楽しそうにする高杉麻里様は、「もっと臭い方がいい?」と言って、臭いの染み込んだソックスをM男の口に突っ込みました。さらに生足を口にあてがって舐めさせて、ニコニコと楽しそうでございます。

高杉麻里様はM男との秘密の日々を過ごしていましたが、一方で不細工な彼氏を部屋に連れてきました。当然彼氏は何気なく太ももを触りますが、「そういう気分じゃない」と高杉麻里様は拒絶。しかし、我慢できない彼氏は「いいじゃない」「今日はお母さん帰り遅いんでしょ?」と迫り、キモがられているにもかかわらずしつこく、うざいことこの上ありません。男のクズでございます。高杉麻里様は「てめえ、いい加減にしろよ?」とビンタし、股間に膝蹴りを食らわせ、「やりたいです」と言わせました。それにキレた高杉麻里様は、彼氏を地下室へ連れ込んで、服を脱がせます。嫌がる彼氏にさらなる暴力をふるい、土下座させます。

地下室で全裸になった彼氏は、高杉麻里様の前でオナニーをさせられ、「きもい」とバカにされます。半泣き状態でチンポを扱く彼氏は、「チンコへし折るぞ」と脅され、泣く泣く「麻里様の奴隷になりたいです」と言わされました。何度も何度もそう言わされた後、高杉麻里様のご命令でチンポを扱いて射精します。床にぶちまけた汚いザーメンを「きれいに舐め取れよ」と言われて、「汚いです」と拒否するものの許されず、泣きながら精液をペロペロ舐めさせられました。ゴミのような男にはこういう屈辱的な罰が大事でございます。最後に「私がおまえを買ってやるから」と言われ、「好きな人ができたから駆け落ちします」と紙に書かされ、失踪したことになってしまいました。

高杉麻里様と彼氏の地下室生活が続きますが、それをお母さんに見つかってしまいました。そして、地下室に監禁されていたM男が実は――。まあ、これ以上言わなくてもクライマックスはわかるでしょう。

ちょっとしたストーリーはありますが、それよりも高杉麻里様の責めを堪能できるのが嬉しいですね。強烈な折檻がなく、ハードを好む私には少々物足りませんでしたが、高杉麻里様のお美しさがその欠点を補って余りあるものでございました。私も地下室に監禁されて飼育されてみたいものです。

▼下の画像をクリックすると動画の詳細を見られます▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました