空手黒帯ギャル女王様のM格闘!殴る蹴るの暴力にマゾ男が悶え苦しむ

以前紹介した『蹴殺し 踏殺し』の第2弾です。最初の女王様は髪を染めたギャルっぽい見た目と、タバコを吸いながらM男を見下す大人の雰囲気が魅力です。

女王様のブーツがM男を蹂躙!「床」奴隷の乳首や首にヒールが刺さる
黒ブーツを履いたマリ女王様のもとへ脚フェチのキモ男がやって来ました。女王様は男を「床」にして蹂躙します。食べ物や聖水のプレイも見どころです。

今回登場するM男はいろいろなSMクラブに通うものの、いつも物足りないと言います。そんな生意気なM男が、空手が得意な女王様のもとへ……。「ボコボコにボコられたい」と懇願する気持ちの悪さです。「立てなくなるくらいやられたい」願望があるそうですが、その本気度が試されます。

女王様は「SMクラブとか何だか知らないけど、そういう次元じゃないんだよね」とおっしゃって、気持ちの悪いM男を汚物のように眺めなさいます。「死んでもいいの?」というお言葉に、「死ぬ覚悟で来た」とほざくM男はこれから地獄を味わうのでした。

まずは手の甲にタバコを押し付ける女王様。M男は「熱い!」と叫び声を上げますが、これはまだ序の口。「いいです。ありがとうございます」と言うM男を壁際に連れて行った女王様は、自ら仰向けになったM男の腹をヒールサンダルの踵でグリグリお踏みになるのでした。「気持ちいい」と言うM男に、女王様は両足でお乗りになりますが、M男は叫びながらも満足しているようです。さらに顔も分で欲しいと懇願する始末です。ヒールサンダルを舐めさせられて、覚悟を試されます。

ヒールサンダルでの足責めの後、女王様はM男を絶たせて、パンチをしたりキックをしたりします。それでお疲れになった女王様はM男に脚を揉ませなさいます。さらに素足を舐めさせなさって、M男はチュパチュパと足先を美味しそうに舐めます。さらに顔面騎乗され、股を舐めさせられ、くぐもった声を漏らしながら気持ちよさそうに悶えます。女王様が優しくなっていくのがわかり、もう少し激しさが欲しい私としては、ちょっと残念でした。

そんなご褒美タイムの後は、いよいよM格闘の始まりです。ビンタ、パンチ、膝蹴り……と暴力を受けて、M男はオウッ、オウッと情けない声を漏らしながらよたよたいますが、それでも「もっとやってほしい」と口走るのですから、よほど痛いのが好きなのでしょう。金蹴りに特化するのではなく、本当の格闘技のような暴力シーンがたまりません。顔や胸、腰を狙った攻撃は空手黒帯の女王様だからこそです。

散々殴る蹴るされたM男はついに金蹴りされます。「痛い」と言ってよたったところに「痛い痛いうるせえな、てめえはよ」と女王様が励ましなさいますが、それでもだらしないM男にブチ切れなさいます。痛みに悶絶するM男を踏みつけ、「全然楽しくなかった」とおっしゃる女王様は自分の限界を知れと諭しなさるのですが、そこに愛情が感じられるのは私だけでしょうか?

全体的に殴る蹴るの暴力シーンが多く、ソフトSMでは物足りないドMには、見どころの多い作品でした。私も空手が得意な女王様にボコボコにされたくなりました。

▼下の画像をクリックすると動画の詳細を見られます▼

タイトルとURLをコピーしました