フィストとペニバンでアナル拡張!女王様にケツマンコで遊ばれるM男

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

『ハードアナルフィスト ぺ二バン記憶消失 SARA』は、フィストやペニバンが大好きな、肛門ガバガバのド変態M男に捧げる傑作です。いたずらに苦痛を与えるわけではなく、一方で的確な言葉責めでプレイを盛り上げなさるSARA女王様の魅力をたっぷりと楽しめます。

SARA女王様がM男に顔面騎乗なさっているシーンから本編が始まります。SARA女王様はM男の顔を愛おしそうにお撫でになりながら、「やらしい吐息が漏れてる。ビクビクしないの」と優しくおっしゃいます。お尻をお腹の方に移動して顔に足をお乗せになったり、ハイヒールの踵で乳首を刺激なさったり……。ここだけを見る限り、SARA女王様が慈悲深いお方に思えます。

しばらくすると、SARA女王様は「何でこんなに濡らしてんの?」とおっしゃいながら、M男の股間にローションを垂らしなさいます。「どうせやらしいから、もっと濡らしてあげる」と微笑むSARA女王様は小悪魔のようです。右手に白い手袋をおはめになり、その指先をM男のアナルに潜り込ませなさいます。艶めかしくお笑いになり、「まだいいって言ってない」とおっしゃって手袋にもローションを垂らしなさり、肛門の奥の方に指先を侵入させなさいます。グチョグチョとケツ穴をかき回す音が響き渡り、それを聞いているM男に対して「グッチョグチョだよ、今。ねえ、嫌らしい音が聞こえてくる、これ」と言葉責めでM男の性欲をかき立てなさるのでした。

鈴蘭女王様の尿道責めとフィストで変態マゾ奴隷がメスのようによがる
鈴蘭女王様がM男の尿道に金属棒を挿入し、極太ペニバンでイラマチオ&アナルファックし、フィストでガバガバの肛門をさらに拡張してしまいます。

SARA女王様はアナル弄りを行いながら、「ここ、すっごいドクドクゆってる」「もうイっちゃうの?」などとお楽しみになります。M男は「ああ、イっちゃう……」と快感に悶え、括約筋でSARA女王様の手を締め付けます。ガバガバのケツマンコは刺激に弱いのでしょうか?SARA女王様はそんなアナルを指で犯しながら、ドSな笑みを浮かべなさいます。

もちろん、SARA女王様が指だけで終わらせるわけがありません。肘のところまで覆う手袋をおはめになって、「いやらし~ケツマンコビショビショ~」と嘲笑なさいながら、今度は指だけでなく手首まで挿入なさいます。「ほら4本、あと少しで5本」「こんなにたくさん指入ってんのに、気持ちいいの、変態過ぎない?」とM男の欲しがりケツマンコをバカになさいつつも、どんどん奥まで手首を侵入させていきます。フィストまであと少しです。最終的に手首がずっぽりと入って、SARA女王様は「入っちゃった。あったか~い」とおっしゃいます。

SARA女王様はフィストで拡張されたM男のアナルにぶっといペニバンも挿入なさいます。「ゆっくり犯してあげるから」と人工ペニスを奥までねじ込みなさり、小刻みに腰を動かしてM男に快感を与えなさいます。まるでホモセックスのような変態プレイですが、愛しの女王様にケツマンコを使っていただいたM男は「気持ちいい……」とよがり声を漏らす始末。男としてのプライドもクソも失ってしまったようです。肛門性交とフィストで絶頂に達したM男に対して、SARA女王様は「もう情けない。ザコなんだから」と大笑いなさるのでした。

▼詳細は下の画像をクリック!▼

タイトルとURLをコピーしました